2015年04月27日

定植後の管理

1番苗の定植から3日が経ちました。

IMG_0007.JPG
しばらくの間、灌水チューブでの自動灌水装置は使わず
1本ずつの手灌水を続けます。
定植後も育苗を続けるイメージで、
個別の状態を見ながらバラツキを揃えていく為です。
苗半作とはよく言われますが、
ここでの出来が樹勢や着花に影響し、
後々まで肥培管理が楽か大変か決まるそうです。
何年もやってみて解る事なんだろうな…

IMG_0072.JPG
灌水中、他のメンバーは誘引作業に入ります。
まずはワイヤーにフック&誘引紐を吊るします。
その数、苗75本×枝2本×6畝×10連棟・・・・
なんと9000本+α!
(冬の合間に皆でせっせと作りました)

IMG_0075.JPG
洗濯ばさみそっくりな道具で、付け根に紐を掴み、
輪っかの中にトマトを抱え込みます。
どの職業でも、よく考えられた専門用具があるものです。

IMG_0076.JPG
誘引せずに放っとくと地を這ってしまいますが、
少し支えてやるだけでトマト自身もしっかり立とうと
するそうです。不思議なものですね。

IMG_0077.JPG
まずは大きな枝の誘引完了。
続けてもう片芽も反対側から吊るしていきます。
いつも感心しますが、日本の農業は仕上りが
整然としていてきれいですね。
(by研修生S)


posted by とまと学校 at 20:00| Comment(0) | 日記

2015年04月24日

いよいよ定植!

IMG_0055.JPG
3月25日にプラグ苗を鉢上げ、
生長点をピンチして2本に仕立て
毎日気を遣って灌水をしてきた苗が、
いよいよ定植適期を迎え本圃に定植です。

IMG_0060.JPG
手作りの道具で植穴を開け・・・

IMG_0068.JPG
後々灌水や誘引をしやすいよう1本1本深さや向きを
揃えて丁寧に植え・・・

IMG_0057.JPG
完成!整然と並んだ様子は壮観です。

IMG_0071.JPG
しっかり根付いてくれよと気持ちを込めて1本1本水を遣りました。

 今日を迎えるため3月からずっと圃場の準備に
かかりきりでしたが、
ここからいよいよ栽培管理の始まりです。
トマトがどう動きどう管理していくのか、日々勉強、
わくわくどきどきです。
(by研修生S)
posted by とまと学校 at 18:00| Comment(0) | 日記

2015年04月20日

育苗と定植準備

les/tomato-school/image/1E795AAE88B972.JPG" target="_blank">1番苗2.JPG


鉢上げから22日目の苗です、10日前にピンチをして
順調に腋芽が成育をしています。
24日の定植を目標に灌水の量や温度管理をします。


朋子水かけ.JPG


苗の葉色を観察しながら、ポット土の乾き具合も
見ながらその日の灌水量や時間を決めていきます。
必要に応じて液肥もやりながら管理をしています。




疋田肥料播き.JPG


定植に向けて圃場の準備も進めています。
肥料撒きが初めての皆さんですが一畝毎
に割り当てた肥料を丁寧に撒いていきます。
45aを撒き終えた頃には皆さんすっかり
上手になっていました。



岸本管理機3.JPG


2度目のロータリー耕ですが、管理機使いも
上手くなってきたので順調です。



岩出管理機2.JPG


最後の仕上げ耕耘なので高低がないように手元で
微調整をしながら慎重に作業をこなします。



疋田管理機.JPG


この作業も圃場全体が終わる頃には感覚がつかめたようで
綺麗に床の準備ができあがりました。
posted by とまと学校 at 08:52| Comment(0) | 日記